Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rodoku.blog95.fc2.com/tb.php/35-ccc722f7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

これが本!?


電子書籍にない魅力はこれだ! 本は装丁デザインに凝れるからこそ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000307-giz-ent


という記事を読みました


記事内にあった
参照サイト: http://www.behance.net/gallery/Written-Portraits/1132577 [Behance]
では拡大写真が見れます


これを見た私は
なぜかふと
飛び出す絵本を思い出しました


以前TVで
最近の飛び出す絵本はボリュームも凄く
構造も複雑(動きがあったり音が鳴ったり)で
しかけ絵本などとも呼ばれている


というような内容を観て
子どもがより楽しめるよう進化しているのだなと
関心した記憶がありました


温かみのある紙の質感と
ページをめくるワクワク感は
絵本独特の魅力だと思っていたのですが・・・


この本は


飾りたい
手にとってみたい



というような


デザイン性
芸術性



に優れた
大人の遊び心と感性をくすぐるものですよね






・・・電子書籍にはない魅力となるかもしれませんよね。


と締めくくられていましたが
確かにその通りだと思いました


書籍の魅力と電子書籍の魅力


それぞれがそれぞれを追求をしていくと
将来は別物として
共存していくのかもしれませんね












スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rodoku.blog95.fc2.com/tb.php/35-ccc722f7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kuri

Author:kuri
朗読Blog ~こえぶん~の管理者です。
(敬称などを省略させていただく場合があります。)
同じく私が管理者をしている”声の文庫”もよろしくお願いします!

Twitter

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。