Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rodoku.blog95.fc2.com/tb.php/83-c662abaa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

10月も半ばです

皆さんこんにちは。

すっかり朝晩冷え込んで、秋服大活躍の季節になりました。
オシャレを楽しんでいる方、多いのでは?

さて、秋になれば必ず出てくるこの言葉

「食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、行楽の秋」

さらに「オシャレの秋、睡眠の秋、ショッピングの秋」も加えると、何だかやることたくさんで困っちゃいます・・・


もちろん、今回は、「読書の秋」にフォーカスしてみようと思います。



さて「読書」というと、やはり文学作品を思い浮かべることが多いと思います。


私が初めて読んだ作品が、芥川龍之介の「羅生門」


学校の教科書で、この作品に出会いました。

文学作品というと、とにかくお堅いイメージしかなかったあの頃。
羅生門のあの生々しくもキレのある文章に魅了されたのを覚えています。


「ある日のことでございます。」
この文章だけで、読み手を世界に引き込む「芥川マジック」
「蜘蛛の糸」は学生ながら、いろいろと深く考えさせられた作品でした。


「秋の夜長」には、温かいコーヒーとソファー、そしてやっぱり読書、ですかね。
ちょっぴり知的な自分になれる気がしますね。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rodoku.blog95.fc2.com/tb.php/83-c662abaa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

kuri

Author:kuri
朗読Blog ~こえぶん~の管理者です。
(敬称などを省略させていただく場合があります。)
同じく私が管理者をしている”声の文庫”もよろしくお願いします!

Twitter

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。