Entries

スポンサーサイト

いのちを学ぶ朗読とは

今日はこんな記事を紹介します【参考】詩朗読で学ぶ「いのちの物語」http://www.townnews.co.jp/0101/2011/06/23/108634.html横浜市の鴨志田第一小学校で市内の”子育てママやパパ”が赤ちゃんに綴った詩集の朗読や助産士さんのお話を通じて子ども達に生命の誕生について学んでもらうという授業が行われたのだそうです授業で朗読された詩集は市内の妊娠中や0歳児を持つ親が生まれてきた子ども(命)への喜びやメッセージを込めたもの...

「電子書籍が紙に負ける5つのポイント」という記事を紹介します

こんなの見つけたよと教えていただきました とても興味深い記事です【参考】電子書籍が紙に負ける5つのポイントhttp://wiredvision.jp/news/201106/2011060622.html記事によれば”米Amazon.com社が最初の『Kindle』を発売し、電子書籍という革命を始めたのは3年半前のこと”とありますのでここ数年で広く一般にまで普及した広い意味での「電子書籍」はわずか3年半という短い期間で急速な進化を遂げていると言えるのでしょうそんな電...

電子黒板と電子教科書

電子教科書を読む教育用タブレットは2015年に1000億円市場にという記事を読みました 電子黒板が最も普及しているのは英国電子教科書については、韓国が一歩リードしており2012年にすべての小・中学校に電子教科書を導入日本では2015年までにすべての小・中学校全生徒へ電子教科書を配備することを掲げているそうです実際に後4年後にどこまで進んでいるかはわかりませんが近い将来教科書は電子化されるということですよね重たい教科...

「湘南電書鼎談」について という記事を読みました

昨年(2010年)が電子書籍元年ではなく今年こそが実質的な電子書籍元年になるのではないかというような記事を読みましたそれは3.11に起こった震災の影響で現在も東北にある多くの製紙工場が運転再開できていないことインキの原材料を扱う業者が被災したことにより供給難に陥っていることなどが挙げられていましたそれにより出版社も今後は新刊の発行をひかえたり出版点数を絞ったりせざるを得ないだろうということですそういったこ...

芥川龍之介「蜘蛛の糸」が映画化

少し前の記事ですが芥川龍之介「蜘蛛の糸」平幹二朗主演で映画化という記事を見つけました 芥川龍之介の蜘蛛の糸といえばとても有名な作品ですが映画では現代社会が舞台となりアレンジが加えられたもののようですね公開は10月となっていました主演の平幹二朗さんの他に女優の高畑淳子さんと長女のこと美さんが初共演し劇中でも母娘役を演じるそうです「蜘蛛の糸」は”声の文庫”でも配信しています興味がある方は是非”声の文庫”に遊...

Appendix

プロフィール

kuri

Author:kuri
朗読Blog ~こえぶん~の管理者です。
(敬称などを省略させていただく場合があります。)
同じく私が管理者をしている”声の文庫”もよろしくお願いします!

Twitter

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。